文教堂ファン

雑誌、コミックス、書籍、文具のみならず、書店業界裏話を惜しみなく紹介  非公式書店員ブログ日記 マイカープリウス、ヴェルファイアのレビューも紹介   

文教堂ファン

古田今日は、仕事帰りに鹿島店に寄ってみた。

前から気になってた本がある。
古田敦也さんが書いた本だ。
この「方程式シリーズ」のバッター編である。
しかし私は、小、中、高、草(なんじゃ?)20歳ぐらいまでサッカーをしており、センスはそこそこあるほうだった。
しかしこの本を読んだとき、なぜ私は、野球をやらなかったのだろうか、という思いになった。

選手の心理、技術など詳しく書いてあり、野球してなくても、楽しめる。

以前夜中のTVで、古田さんはじめ、往年のヤクルト選手が出演して、お笑い芸人達と、野球教室みたいなことを、やっていた。
それが、すごくわかりやすい、指導だった。それだけで、うまくなるという訳じゃないけど、この本はおススメ。
注意!これを読むと無性に野球がしたくなる。
次のオフはバッティングセンターへ行ってきます。

文教堂ファン

ここはゲームのゲオもやってるお店なので、息子に頼まれたモンスターハンターもついでに購入と思った。

しかし思わぬ事態が・・・。

ゲームの発売日は、明日だった!

また明日来ます~。

文教堂ファン

鹿島店に行ってきた。

週刊現代を買いに行きました。

週刊誌なんて、コンビにで買えばいいじゃん。

と言われるが、私はぜんぜんそんな気無し。

それは、文教堂ファンであるからです。

今、日本で雑誌を一番売ってるところは、なんと、書店でなくセブンイレブンだそうです。
セブン&ホールディングスのトップの鈴木さんが、元、トーハン(本の問屋)出身だから?
なので、コンビニと本は切っても切れない関係です。

文教堂ファン

鹿島店に行ってきた。

ナンバーDOを探しにスポーツ雑誌コーナーへ・・・・。

久しぶりに見た「スポーツイベントハンドボール」

私が元書店員の時泣かされた雑誌である。

なぜかというと、ハンドボールの雑誌って、たぶんこれしか出版されてないと、思うんです。それなのに、サッカーマガジンや、ベースボールマガジンみたいにハンドボールマガジンにすりゃいいのに
わざわざ、スポーツイベント・・・?というタイトルです。


おかげで、雑誌目録でハンドボールの「は」行ではなく、スポーツの「す」で探さなくてはいけない。スポーツ誌に詳しければいいが、それ以外の方には、たぶん難しいだろう。

目的のナンバーDOを購入。もちろん株優で、ファンです文教堂。

文教堂ファンです。

先ほど妻からの連絡で、知りました。

「あなたの、後輩自殺したんだって。」という連絡でした。

自分にとっては、一つ下の部活時代の後輩で、彼も子供が二人おり、共通の話題は多かった。

でも、信じられない。というのが本音。場所は私のホームグランド(自称)鹿島店の近く、彼の仕事場もこの近くだった。

マジで信じられない、原因はわからないが、知ったからって生き返る訳じゃない。
誰か相談にのってあげることが、できなかったのだろうかと、悔やむばかりです。

心よりお悔やみ申し上げます。

Tポイントが一番たまるカードは?
記事検索
higasikunisikuプロフィール
茨城県出身専門学校時代、文教堂でアルバイトをしていました。資格取得し、専門学校を卒業しても、ズルズルと本の魅力に圧倒され、現在も文教堂で勤務しています。
本のことなら、私に任せてください。詳細のプロフィールはコチラ!
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場