DSC03165

堀江貴文氏と川島永嗣氏の対談を読んで
キーパーやってみようと思ってくる!?

お疲れ様です文教堂ファンです。

堀江貴文氏と川島永嗣氏の記事を
読んでみた。
DSC03166

この記事読んだら、絶対ポジションはキーパーをやりたくなる!?

まず、日本でキーパーをやってる選手は、小学生から
プロ選手でも、自分が希望したポジションでは
なかったと思います。

「まえ、ガタイがいいからキーパーな」とか
フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダーと決めていって
最後に余ったポジションだからお前やれとかだと思います。

川島氏は、日本では、そういう場合が多いが、海外選手の場合
は、一番やりたいかっこいポジションで希望者が多いと言ってます。

海外のアマチュアチームだとキーパーだけで
何人もいるらしいです。

日本では、大量失点をしてしまうと、川島7失点と叩かれてしまうが
海外では、「お前じゃなかったらもっと点を取られてたよ」と
ポジティブなコメントが多いという。

海外には、ブッフォン(イタリア)、ノイアー(ドイツ)、カシージャス(スペイン)など
ブランドのように知られてる選手がたくさんいます。

日本では、スポーツニュースで「スーパーゴール集」とか
よくやってますが、海外では、それの他にキーパーの
「スーパーセーブ集」などがオンエアされてるみたいです。

どんなに、失点しても、1本スーパーセーブをすれば
「やっぱりお前はすごいよ!」と大絶賛らしいです。

川島氏は、語学が堪能と聞くが?

海外に行く前から日常英会話はマスターしてたみたいです。
イタリア語を覚えるのに書店に行った時に、どうせなら
他の言語もいっしょに勉強しようかなと思って始めたらしい。

本人が飽きやすい性格のため イタリア語を勉強してて
わからなくなったら、スペイン語に行って、行き詰まったら
英語や、ポルトガル語を勉強をしてという感じで
意外と一気に覚えられたみたいです。

この語学の勉強は、川島氏レベルじゃないと
無理なんじゃないかと思いますが、
こういう勉強の仕方もアリなんだなと思いました。

語学以外に最初、数学をやって、飽きたら、日本史やって
行き詰まったら、化学をやってという受験と
一緒じゃないかと思いました。
一気に覚えられるかは、本人次第ですが・・・・。

外国でキーパーとして試合にでるには?

平均的に安定してるのはダメみたいです。
粗削りだけど、たまにスーパーセーブをするほうが
将来性を買われて、出場機会が増えるみたいです。

この感じは、個性を重視する海外の考え方っぽいような
感じがします。

まとめ

ぜひ、学生さんでキーパーやってる方は、
なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの?
堀江 貴文
ワニブックス
2016-11-30


この本の川島氏の記事を読んでみることをおすすめします。

私も学生時代は、トップからキーパーまで全部ポジション
やりましたから、すごくキーパーの気持ちがわかります。

私が学生時代は、このような内容が充実して
現役選手が出てる本がありませんでした。

堀江貴文氏が、選手の個性をすごく引き出しています。
前回の宇佐美貴史さんに続いておもしろいです。

私が、ファンだったキーパーは・・・・。

キャプテン翼の若林源三かな・・・・。

さいごまで閲覧ありがとうございました。

なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの?( アマゾン)