DSC03360

休み中何かあってもこれがあれば大丈夫!?
お疲れ様です文教堂ファンです。
今回は「なんでも自分で修理する本」です

以前発売されてたパワーアップバージョンです。



青から赤に変わりましたのでご注意ください

水まわり、住まいの修繕、身のまわりのもの
自転車など、なんとか自分で出来そうな
ものを集めイラストで優しく解説!

DSC03361
 
DSC03362

動画になります

 


まとめ

今日からお休みに入られた方多いと思います。
もし、水まわり関連が壊れたらどうします?

もう業者の方もお休み入っていますよ。
ホームセンターは、31日までは営業していますので
自分で材料買って直すしかありません。

その時に便利なのがこの、完全保存版イラストだから簡単! なんでも自分で修理する本  
です。イラストを使って丁寧に書かれています。

水道蛇口の構造、トイレのタンクなど内部の構造を
細かく説明されてます。

たぶんこれから、正月三が日は、水もれしたとか
ありましたら、自分で直すしかありません。

まず、水道工事店に電話したら、
「まことに申し訳ございません、本日の業務は終了しました」
とアナウンスされることでしょう。

最近は、動画サイトで水道蛇口、トイレタンク、ウォシュレット
の修理交換の仕方が、手元のスマホ、PCなどで観れます。
実は、私も、参考にしています。

でも本もメリットがありました!

「じっくり見れる」ことです。
動画、WEBだとよく見えないとこがあるので
紙の本のメリットが出てくると思います。

実際このようなブログを読まれている方は、
どこか壊れたとかという場面にあっても、
ググったりできるので問題ないのですが、

田舎のお父さん、お母さんは、スマホ、PCとか使いこなしてる
訳ではありませんので、(中にはすごく詳しい方いますが)
このような本は、喜ばれると思います。

今はやりのDIYと言うのでしょうか、工具の揃え方
とか詳しく載ってます。
ボケ防止という訳ではありませんが
何かと役に立つと思います。

でも無理はしないでくださいね。どうにもならない場合は、
クラシアン 0120-511-511にかけて下さい。
年末年始も大丈夫みたいです(ツイッターで確認)

以前発売されていた、青いバージョンは
大変ご好評いただきました。
常に平積み展開していました。

半年前に店頭在庫が無くなり出版社に注文を
したところ、お決まりの「品切れ重版未定」でした。

そのうち存在自体を忘れていましたが、
今度は赤くなって復活というかたちで
戻ってきましたので、今回紹介させて
頂きました。

最後まで閲覧ありがとうございました。