短編集でも東野ワールド全開!?

お疲れ様です文教堂ファンです。
今回は「素敵な日本人」を読んでかんたんに
レビューしてみました。
超大物作家の作品のレビューでかなり緊張してます。
うまくできるかなあ? サイトを見る
DSC00500




DSC00502

かんたんレビュー

九つの短編で構成されています。最初から最後まで東野ワールドを満喫できます。しかも9作品あるのでその回数分味わうことが出来、大変贅沢な本だと思います。

9つの作品中で、これはと思ったのは?

最初の「正月の決意」と一番最後の「水晶の数珠」です。
「正月の決意」は、犯人は、誰なんだろうと用心深く読んでいたのですが、まさかの展開にびっくりしました。主人公たちも、いろいろ問題を抱えていてこの「正月の決意」に賭けていたのだと思います。しかし事件を機に変わっていく。


「水晶の数珠」は、とある名家の代々受け継がれている「水晶の数珠」の話。受け継いだ者は、一生で一回だけこの偉大な力を行使することができるという不思議な数珠。先祖たちは、いつどこでそれを使ってきたのか? 主人公に起こる度重なる不思議な現象に、のめり込んでしまいました。

DSC00503

まとめ 

いかがでしたか?
すごく読みやすく一気に読んでしまいそうです。
でも、せっかく9つの短編に分かれているのでもったいないです。
贅沢に一夜一話で読みたいですね。

最後まで閲覧ありがとうごさいました。 

素敵な日本人 東野圭吾短編集
東野 圭吾
光文社
433491151X