星野源は1位をキープできるか?

お疲れ様です文教堂ファンです。今回は週間ランキングになります。星野源 「いのちの車窓から」は1位をキープできるのか? 今月は新刊も多く上位陣もうかうかしてられません。大幅な順位の変動はあったのか?
DSC00906 

 
第5位
DSC00912
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 Amazon  楽天
すっかり上位の定番になってます。中公新書での、大ヒットは「超」整理法 かゾウの時間 ネズミの時間 以降か?

第4位
DSC00911
素敵な日本人 東野圭吾短編集 Amazon  楽天
九つの作品をまとめた短編集、東野圭吾は初めてという方には読みやすいです。

第3位
DSC00910
九十歳。何がめでたい Amazon  楽天
もはや上位をが定位置の作品そのた九十代という本はたくさんありますが、話題のものはこちらです。

第2位
DSC00909
 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 Amazon 楽天
ケントさん著書はたくさんありましてヒット作も多いですが、大ヒット作品はこちらになります。

第1位
DSC00908
いのちの車窓から Amazon  楽天
先週に続き1位をキープ!星野源さんのエッセイですが、私としては文芸作品に近いような感じがあり芸術性を感じます。

番外編
DSC00913
検索禁止 (新潮新書) [新書]Amazon  楽天
人はなぜ、禁止、見てはいけない等のフレーズがあると余計に見たくなるのでしょうか? この本の内容はすべて実話なので、へたなホラー、ミステリーよりよっぽどヤバイです。

 
動画になります。

まとめ

いかがでしたか?
先週のランキングとあまり変わってないような気がします。それだけ上位陣が強いのでしょう。来週は、本屋大賞受賞作品が上位に食い込んでくるのでしょうか?

最後まで閲覧ありがとうございました。