文教堂ファン

雑誌、コミックス、書籍、文具のみならず、書店業界裏話を惜しみなく紹介  非公式書店員ブログ日記 マイカープリウス、ヴェルファイアのレビューも紹介   

オリジナル作品

書店探偵

ああ、今日も荷物いっぱいあるな。

台車に載った梱包された雑誌を売り場まで運ぶ。

段ボールに入った、書籍を作業台まで運ぶ。

今日は、佐伯さんの新刊があるので、

朝一で年配の方が買いにくる方が多いので、とりあえずそれだけ陳列。

さて、雑誌作業に移る。

外側の固いビニールひもをはさみで切る。

今日は、全部で、30梱包あった。

だいたい100坪前後のお店だ。

500坪以上になると、少ない日でも100梱包以上ある。

この、雑誌を梱包してるひもとビニールなんだが、

自治体によって、一緒のとこと分別のところがある。

俺のところは、分別のほうだ。

たまに、近所のおばさんが、固いビニールひもを持って行ってくれる。

それを材料にかごとかをつくっている。

まあ、それくらいしかできないとおもうが、

LEDなんかできたら、ノーベル賞もんです。

だいたい、雑誌陳列は、付録つきを除いて30分くらで終わらせなくては、いけない。

まず、朝一客がいるからだ。

でも最近は、本単独の売上げが毎年減っているので、

文房具、アニメグッズ、など大幅に展開する店も増えてきた。

がしかし、当店は以外に、裏メニューがある。

もちろん、警察とかの絡みもある。

でもまだ依頼が1件も無い。

よろずや書店

じゃあ次はランダムスター

ラウドネス 高崎氏のギター

ESPのハンドメイドで、

レプリカもいい値段がする。

もう飽きてきたと思うので、

次はキラー・ギター

これも 高崎氏の現在の愛用モデルで、

いい値段がします。

マスター

お客様帰られました・・・・・。

ありがとうございました。 

書店探偵 スカイライン編

おっと、ここだここだ。
男は、32番の棚の前に立つ。
こちらに気づいてもらえず声をかけ

店員がくるのを待っている。
「いらっしょいませ、何をお探しでしょうか。」
店長らしき人が声をかける。

「これを探しているのですが」と
男が話すと、
「これ絶版ですよ。もう手に入らないですよ」
「いやここは、どんなものでも探してくれると聞いたのですが・・・」
「お客様、それですと23番の棚の前でお願いします。」

男は、ここに来るまでの間、23番、23番と頭に記憶させながら来た。
でも男の愛車が、R32型のスカイラインだったことから思わず、32番の棚の前に立ってたらしい。
このR32型とは、平成に入ってからのスカイラインで、R33、R34、V35、V36と現在に至る。
(GT-Rは、R32、R33、R34、R35となる)
ところで、探してる本は、「R32、GT-Rマニアガイド」だった。
しかもサイン直筆サインつきだそうだ。
そのサインの主は、「星野元治」選手のものらしい。

つづく

Tポイントが一番たまるカードは?
記事検索
higasikunisikuプロフィール
茨城県出身専門学校時代、文教堂でアルバイトをしていました。資格取得し、専門学校を卒業しても、ズルズルと本の魅力に圧倒され、現在も文教堂で勤務しています。
本のことなら、私に任せてください。詳細のプロフィールはコチラ!
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
楽天市場